ちょっと大変ぐらいがちょうどいい

IMG_3735

空き時間に芝刈りをした。
これが意外と重労働で汗をかく。
手もグローブなしだとマメが出来る。
フォレスト・ガンプみたいに芝刈りマシーンにまたがってササっとやってしまえれば楽だが、こういうことはあまり楽じゃない方がいい。
ちょっと大変ぐらいがちょうどいい。

 

 

週刊モーニングを読み始めて三十年近くになる。
唯一欠かさず読み続けている漫画雑誌だ。
毎号読んでいると「ぬ?あの漫画は?」となることがある。
いつの間にやら連載が終了しているのだ。
これといって人気がないわけではなく、それなりに単行本も出ているのに、なんの予告もなく、まるで最初からなかったかのごとく終わっているのだ。

 

あれってなんなんだろ……

 

不思議でちょっと不気味だったりもする。
まあ別に気にしないでも暮らしていけるんだけど、なんとなくいつも心の片隅にある……みたいな話だ。

 

 

先日、裏庭のオリーブの立て直し&剪定をしていただいたときに、息子が造園屋さんにもらった芋虫。
息子はそれを大事に虫かごに入れて観察しているのだが、これがもうこの世のものとは思えないぐらい巨大で不気味で失神しそうになる。
ムシャムシャと息子が虫かごに一緒に入れたオリーブの葉を食べていたのだが、数日前いきなりピタリと動きが止まった。

 

 

と見せかけて、よく見ると何やらウニョウニョと表面が動いていたのだが、それも終わり、巨大だったボディも半分ぐらいに縮んでひたすらジッとしている。

 

 

これは果たして、お亡くなりになられたのだろうか……
それとも蛹になる準備に入ったのだろうか……

 

 

私はもう捨ててしまいたくてしょうがないのだが、息子がそれを激しく拒む。
これは進化の過程なんだ、もうすぐ第三形態になって出てくるんだ!
と息子が言う。
シンゴジラの見過ぎである。

 

 

そんなわけで強制的に静観させられているのだが、正直しんどい。笑

 

 

息子が飼っていたカブトムシは先日最後の一匹が昇天なされた。
ノコギリクワガタもほとんどご臨終なされた。
残るはコクワガタだけ。
秋も深まってきたのだなと昆虫から感じる趣。
いとをかし。

そのドアをノックしろ

IMG_3723

こないだの猛烈台風に倒されてしまった裏庭のオリーブを造園家さんがチチンプイプイと立て直してくれました。

 

 

正直、私は「もうダメだ。どうやって処理すべきだろうか」と後ろ向きなことばかりを考えていたのですが、妻さんは違いました。
倒れた直後から、どうやったら復活させられるかなと考え調べ検索していたのです。

 

 

あんなに見事に倒れているのにまさか……
と思いきや、オリーブの根元を見て驚きました。
太い根が繋がっていているし、葉っぱもまだまだ枯れる気配がない。
私は妻さんに心底敬服するとともに、初っぱなから諦めていた自分を恥じました。

 

 

そして見事立ち直ったわけですが、一番太いところは折れてしまっているらしく、あとは樹の生命力次第とのこと。
竹で補強もしてくれたので、これでもうちょっとした暴風ぐらいじゃ倒れないことでしょう。

 

 

なんだかね。
今回のこの一件には学ぶことがたくさんありました。
やはりまだまだ私は未熟であります。

 

 

先日、ぼんやりテレビを眺めていましたら、とある俳優さんが「映画にこだわっていたはずなのに最近よくドラマで見るけど、あれってどういう心境の変化なの?」と質問されてまして。

 

 

その俳優さんは、尊敬する監督さんに「自分のこだわりなんか捨てて、来たもの全部やってみなさい」と言われ「意識が変わってなんでもやるようになった、結局自分が苦手なもの自信のないものを排除していただけだったんだなと気づけたかな……」と応えてました。

 

 

その応えに対して「そうすることによって良いことと悪いことはありましたか?」と訊かれると

 

 

「悪いことはないけど……傷つことは多いかな」

 

 

と返してて、「こりゃスゴイや!」と私は感心したのでした。

 

 

傷つくって、何より一番悪いことのような気がするのですが、それを悪いことにカテゴライズしないって、それってとても強いな〜と。
ようはあれなんですかね。
物事を違った角度で見てみると、ものすごく重荷に感じていたようなことも「あれ?大したことじゃないんじゃね?」となるみたいなのと一緒なんですかね。
違いますか?
すみません。

 

 

この話、前述のオリーブの話と繋がってないようで見事に私の中で繋がっている話なのです。

 

 

それでは股旅。

どうか遠慮なく招かれて戴きたい

IMG_3395

今月五日の開店十四周年記念にと妻さんから戴いた魔除猫(by 横尾忠則先生)と昨日深大寺で購入した招き猫をさりげなく店内に飾ってみました。

 

招き猫の右手が招くのが金。
左手が招くのが客なのだそう。

 

どちらも是非ともご遠慮なく招かれて戴きたい。

 

 

十四周年だからと言って、殊更何もどうもしていないのですが、これまたさりげなく新タオルを仕入れてみました。
今のところ、お客さんの誰一人も気がついていないがネイビーのがそれです。
(いつの間にやら、観葉植物の “ソング・オブ・ジャマイカ” がなくなっていることに気づいたドゥードゥリンマニアのお客さんは数名おりました。ありがとうございます!)

 

 

何周年とかって、オレこんなに頑張ったよ、だから褒めて!
などと言う邪な気持ちが全くないと言えば嘘になりますが、その根本は支えてくださった皆々様への感謝の気持ちなのです。
この想いは、やはり年を重ねるごとに広く深く大きくなっています。
それはもう気持ちいいぐらいに。

 

 

そうしたら、旧友が本日発売のザ・クロマニヨンズのニューアルバム『レインボーサンダー』のアナログ盤を周年祝いにと贈ってくれました。
ツボ突きまくってくれるもんです。
ありがたし。

 

 

今ちょうど、聴きながらこの日記を認めているのですが、実にイイ感じ。
この声、このビート、このメロディ。
今まで三十年聴いて来たのですから、これから三十年も楽勝で聴いていそうです。

流れ星か 路傍の石か

IMG_3352

本日、2018年10月5日。
めでたくも DOODLIN’ BARBER SHOP は開店十四周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様の温かいご支援、ご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
ルルルラララ。

 

 

屋号に「BARBER SHOP」と入れるのは、自分の店を出すと決意したときから決めてました。
入れる理由にたいそうなものはなくて、ただただ “なんとなく” でした。
“なんとなく” 、そんな気分だったのです。

 

 

でも、その “なんとなく” な気分に従って正解だったな今思います。
弱ってたり焦ってたりすると、そんな “なんとなく” な気分をないがしろにしてしまいがちではありますが、今後は極力減らして行きたいです。
そして、このまま “なんとなく” 余生を渡っていけたらなぁと薄ぼんやり願っております。
そのためにすべきこと、それはきちんと自覚して。

 

 

妻さんから、さりげなく十四周年祝いをいただきました。
いつもありがとう。
手作りの「Doodlin’」刺繍入り巾着と横尾忠則先生のポストカードと魔除け猫ストラップ。
ポストカードはビートルズの四人を描いたものと床屋のサインポールが描かれた夕暮れの景色のものの二枚。
横尾忠則先生が世界で評価されていることに激しく頷かざらずにいられない色使いと世界観です。

 

 

そしてBGMは、もちろんザ・ハイロウズの『十四才』をナイスチョイス。
もちろん7inch のアナログ盤であることは言うまでもありません。

 

 

♪あの日の僕のレコードプレーヤーは
少しだけいばって こう言ったんだ
いつでもどんな時でも スイッチを入れろよ
そん時は必ずおまえ 十四才にしてやるぜ♪

 

 

自分自身の「十四才」が振り返ればとても重要な年だったように、この自分の店の「十四才」もきっとそういう年になることでしょう。

 

 

ともあれ感謝。
周りに溢れる愛に感謝。

 

 

どうもありがとうございます。

 

 

DOODLIN’ BARBER SHOP 店主 高崎哲平 拝

いつも聴こえてくるのは あのメロディー

IMG_3287

もう随分前の話になるが、父が数十年も前の家族写真を出してきて
「この頃が一番幸せだったのかもな……みんな若くて元気で……行きたいところに行こうと思えば行けたし、やりたいこともやろうと思えばやれたんだよなぁ……」
とちょっぴり寂しそうに微笑みながら見ていたことを時折思い出すのである。

 

 

その父が見ていた写真に写っていた私は幼稚園児ぐらい。
つまり、私の息子の今現在の年齢と同じほどなのだ。
(兄たちは中学生と高校生。母は三十代半ば父は四十代前半ってところか)
そのせいか、父のそんな思いと今の自分がの眼差しとがシンクロするのである。
子猫と遊ぶ息子、それを見つめる妻さん。
そんな家族の風景。
数十年経ったら、輝かしい一時だったなと思い返すのだろうか。
そんな一瞬を脳裏に刻み込んでおこう。
だなんて手前勝手なセンチメンタル満載の日々を過ごしている。
まあ、自分もいつの間にやら年を重ねたなって話である。

 

 

話は変わるようで繋がっている話。
近頃、ラジオ体操や柔軟体操が効いている。
若かりし頃は、こんなのやる意味あるの?などと痛い勘違いをしていたが、四十路半ばも過ぎた今。
これが効く。
全ての動きがガタピシになってしまったマイボディをガッシガシほぐしてくれる。
ピョンピョン飛び跳ねるだけだぜと軽く見ていた跳躍や、腕を前から上に上げて大きく背伸びの運動もバッキバキと音を鳴らす。
まあ、これも自分もいつの間にやら年を重ねたよねって話である。

 

 

年を重ねたなぁというか、オッサンになったよなぁと実感したことをもう一つ。

 

 

真心ブラザーズの新曲『メロディー』がやけに響くし沁みるのである。
これはもう、いつか行われるであろう私の葬式で是非とも流してもらいたいと思うぐらいに。
メロディーも歌詞も入って来てしょうがないのだ。
♪やりたいことなんか そんなに見つからなくて
やるべきことと 退屈で 時間は過ぎる

それでも楽しく生きる覚悟を 矜持を
大丈夫 安心して みんな本当は退屈してるから

退屈を怖がるな 退屈と共に在れ
それでもなるべく 聴きたい音楽を 読みたい本を
身を置きたい気持ちイイ場所を求めて

ほら いつも聴こえてくるのは
あのメロディー
誰の声だか知らないが 幼子のように従ってしまう
そして 心の奥から確かな力を感じるんだ……♪

 

 

この歌と出会えて幸福だ。
感謝したい。

 

 

私にも、いつも聴こえてくるメロディーがある。
そして私も、そのメロディーが聴こえてくるとヘソと心の奥から確かに力を感じるのだ。
ずっと確かにあったそういう思いや感じ方を歌にするって凄いね。
YO – KING 、あんた凄いよ。

 

 

股旅。