そんな一日の始まり

自分が十代の頃から、ずっと好きなものって何だっけ?

そんなどうでも良いことを、ほてほて散歩しながら考えてみた。
歩いているときは、ぼんやり考えているように見せかけて、実は案外頭はシャープ。
考えごとをするのには打ってつけなのだ。

まず、ピーンと来たのは帽子。
思い返せば、十代の頃からずっとかぶっている。
好きになったきっかけは覚えていない。
ハットもキャップもタムも、全部好き。
帽子はいくつ持っていても良いと思ってはいるが、ちゃんと歯止めはつけているつもりだ。

それとパーカー。
グレーでプルオーバーで厚手のものが好き。
フードをかぶることは、まずないのだが、このフードがアクセントになっている感じがたまらない。
ベストを着て、フードを出して、それで首回りが程良く窮屈になって、ちょっと暖かいのが好き。
で、ヘッドフォンを装着したら完璧。

それと音楽。
どんな場所でどんな手段で聴くのも好きだが、レコードは格別。
脳内での響き渡り方が違うからだ。
同じ音楽なのに、レコードで聴くとまるで違って聞こえる。
それが何でなのかは、わからない。
いや、わかってはいる。
けど、説明が出来ない。
で、別に説明出来なくてもかまわないと思っている。

それから納豆とたまご。
このどちらかが絡んでいる料理はもれなく好きだと思う。

おっとそれから本も好き。
と言うか、字を読むのが好き。
とりあえず、字が書いてあったら読む。

自転車とか、クルマ、バイク、プラモデルなんかも大好きだけど、十代の頃からずっとずっと好きだったか……と考えると胸を張って言えそうにないなと諦めることにした。

映画も好きだけど、語れるほどではないかな……

と、ここまで考えたら家に着いた。
そんな一日の始まりなのである。

だんだんわかる

『ODDTAXI』というアニメ作品にどっぷりハマったのを切っ掛けに、最近やけにアマゾンプライムを利用して色々映画を物色しているのです。

もっぱら観るのは邦画。
放っておいたら、もしかしたら一生素通りしてしまうかも知れないような位置付けにある作品を、いつ観る?今でしょ!ってな謎のテンションで挑んでいます。

で、これが想像を遥かに超えて面白く感じるものばかり。
そういう映画を観ようとせず、もちろん原作も読んでないし、その作者さえ知らない自分の軽薄短小さを恥じたのでした。

やはり面白くて売れて話題になったから映像化されるわけで、でも「そういうのってさ、ミーハー?中身ない?そんな感じなんじゃない?」と小馬鹿にして、近づこうとしなかった己の軽佻浮薄さもハドゥカシィ。

オレってなんでこうなんだろ⁉︎バカ!

なんて頭を抱えたフリをしているだけで、実際は「このままでイイじゃんイイじゃん!」と開き直っております。
もう、言い訳出来る年齢じゃありませんからね。
でもですね。
物凄い方向転換は出来ないし、やらないし、したくないけども、絶妙な角度での軌道修正は、さりげなくして行こうと思います。

相変わらず、好奇心と食欲だけは旺盛なようだ。
「五十代って面白い!」
ってテレビで誰かが言ってたので、その言葉を信じようと思います。

以下は某詩人さんの圧倒的パクりですが、いつかこんな仕事が出来る人間になれるよう日々精進しましょうかね。

『明るく静かに澄んで懐しい仕事、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている仕事、夢のように美しいが現実のように確かな仕事、私はこんな仕事に憧れているのです』

たまには Take It Easy!

ぼんやりラジオを聴いていたら、ジョン・カビラさんが「それは、こちらのボキャブラリーです♪」と言ってて思わず吹きました。

「それはこっちのセリフだぜ!」をソフィスケートに言い換えるとこうなるのですな。
いつかどこかで真似したいと思いました。

しかしながらですね。
とんでもなく今更なのですが、あの “Shazam” ってアプリ、凄くないですか?

ラジオを聴いてたり、テレビ見てたり、街中歩いてたり、店内BGMなとで、

これ、いいな!なんて曲なのかな〜知りたい!

って曲が流れてたら、 シャキーンとスマートフォンを取り出し、シュパーンと “Shazam” を起動させて聴かせたら「これは何某の何とかって曲だよ♬」と瞬時に教えてくれるわけです。
何がどうなってそうなるのか、サッパリわかりません。
もはや魔法ですよ。

そんなのイージーだぜ。
やっぱり、足と頭を使わなきゃ!

とオールドスクールな床屋のオッサンは意地を張って、 “Shazam” をダウンロードすることをずっと拒否、いや断念してきたのですが、我慢の限界が来てしまったので、つい先日とうとうゲットさせていただきました。
で、その感想はというと。

何これ!便利!
チョー便利なんですけど!

と興奮させていただいてます。
ありがとうございます♪

こう見えて私も「これ、なんて曲?」と素直に訊けない方でして。
相当、イイと思えて、相当な勇気を振り絞って、やっと行動に移せたくらいだったので、これからは、すぐにダヒューンと “Shazam” を起動させていただこうと思います。
この時代遅れの感動、プライスレス。

さてと。
Green Day でも流して、エンジンかけるかな。
心のガソリン満タン良い感じだぜ。

ヴァルハラで待っているぜ

近頃やけに、とあるメロディーが耳から離れなくってずっとずっと鳴り響いている。

この曲ってなんだっけ?

思い巡らすも、しばらく答えに辿り着けずにいたのだが、今さっき急にパーンと弾けたように分かった。

この曲はあれだ!ピクシーズの “Alec Eiffel” だ!ヨッシャ!

この答えが弾き出た瞬間の気持ち良さは尋常じゃない。なんでこんなに気持ち良いんだろ。

何かの音楽が頭の中でずっと鳴り続ける現象のことを “イヤーワーム(耳の虫)” と云うそうだ。で、その原因はまだ分かってないらしい。私は、分からないままでイイと思う。こういう不思議があることが楽しい。なんかよくわからんけどイイ!そういう物事を大事にしたい。

昨夜のことだ。妻さんが録画してた “北斗の拳” を再生したら、八歳息子が飛びついた。
「なんだこれ!」
どうやら、たまらなく面白いらしい。私も小学生の頃に夢中になっていたからね。それが、今の小学生の心も掴もうとしている。今のアニメに比べたら、作画レベルも演出方法もかなりイイ加減なのだが、そんなことはきっと些細なことなのだろう。うむ、スペクタクルだな。

ってことはだ。近々、ブルース・リー や マッドマックス も息子のハートを撃ち抜くのだろうか。いや、きっと打ち抜くだろう。

頭の中でずっと鳴り止まないピクシーズ、北斗の拳、ブルース・リー、そしてマッドマックス。

この繋がりにはきっと意味がある。もしかしたら、何かの啓司かも知れない。

ヴァルハラで待っているぜ!

Walkin’

二ヶ月ちょっと前くらいに歩数計をゲットしましてね。

日々歩くことを殊更意識するよう心がける日々に突入していたのですが、ここに来て そんな自分の背中をググイと押してくれるような情報が飛び込んできたのです。

ハーバード大学の研究によるとウォーキングはかなり効果的だとのこと。

その目安は

「最低限の肉体維持は1日8分」

「メンタルの改善を狙うなら1日10分」

「早期死亡を防ぐなら1日20分」

「脳をシャープに保つなら1日40分」

「死亡リスクを減らすなら1日60分」

なのだそう。
メンタルが改善されるかどうかはわからないですが、たしかに10分でも歩くと、なんだかイイ感じになるのは確かなんです。

特に今の時季は気持ちがいい。
一日、一万歩の目標も軽々クリアできます。
我が家からの下りコースは 狭山湖 方面。
上りコースは“比良の丘” 方面なのですが、上りコースの方がほとんど人と会わないので口笛吹き放題だから好きです。
どちらも行って帰ってくると、ちょうど一万歩くらいになりますかね。
なかなかの運動になりますよ。

ま、これをどうにか習慣化できたらなと思っています。
歩くことを意識しても、私の日々の活動量だと一日五千歩も行かないですからね。
歩く意思がないと、一万歩なんて全然行かないんですよ。
て、無理したり、頑張ったら辛いので、出来るだけ気軽にサボって手抜きしてダラけてやれたらなと思います。
続けるってことが大切ですからね。

さすがに100歳までは生きないでしょうから、50歳の今は確実に折り返し地点を過ぎているわけですし、つまり下り坂であり、カウントダウンが始まっているわけです。

私の生業は立ち仕事ですからね。
歩け歩け歩け歩けですよ。
歩いても歩いてもなわけです。
だから、歩くのです。

さてと。
FISHMANS の“Walkin’”でも聴きましょうかね。