スイッチが入る瞬間

ついつい息子が作ったマスクをかぶりたくなってしまうのである。
なんだか “入る” んですよ。

入る?どこに?

と訊かれたら、ちゃんと答えられないんですが、何かしらの作用があって胸がドキドキするんです。

なんなんでしょうね、これ。
祭事と仮面との蜜月関係も、つまりそういうことなんだろうなぁ……
としみじみ感じ入るのです。

息子は、いつも何かを欲してます。
次から次へとアイディアが浮かぶようで、あれも欲しい これも欲しい もっともっと欲しいってのが通常モード。
エブリデイ、あれもしたい これもしたい もっともっとしたいなパンク少年です。

で、でもコレってどうなのよ?
とたまあに不安タスティックな気持ちがチラリと湧いてくるのですが、本を読んでたら、こんなことが書いてありました。

『子供が「あれが欲しい。これがしたい」と言ってくるのは、我が儘や反抗も含めて、とてもよいことです。
それが強いのは生きる意欲・パワーが強いということです。

親にとっては育てにくくて大変ですが、そういう子ほど後々活躍します。
逆に、子供が自己主張できない親子関係は心配です。

・決めたルールは絶対に守らせる

・我が儘や反抗は許さない

・子供の要求には応じず交渉の余地がない

こういう親だと、子供は
「自分は何を言ってもムダ」と感じます。

それは人生に対する無力感となり「夢や願いを持ってもムダ」と感じるようになります。
大人しくて育てやすいサイレントチルドレンを望まないように……』

こういう言葉、考え方を自分の都合の良いように解釈しちゃうのはデンジャラス。
あくまで “参考に” って距離感を保つのがモアベターなわけで、でもちょっとだけ不安タスティックは遠のきました。

まぁ、何しろ正解がない。

それがわかっていて、でも答えを追い求める日々なのであります。
これは子育てに限ったことではなくて。

というわけで、またマスクかぶってみます。
次はどんなマスク作ってくれるのかな〜

天才とは

幾人もの方々から同時多発的に勧められていたマンガ「左ききのエレン」を満を持して読み始めてみた。

既刊十五巻までの十四巻まで読んでみての感想というか印象は「面白い!」だけどもだけど……うーむ、好きじゃない!って感じか。

天才になれなかったすべての人へ……

というのが、この作品のテーマであるようだ。

この “天才” の作中での描かれ方が、なんだかちょっと僕の好みではなかったみたい。この作品で描かれている “天才” たちは、もう出来上がっているのよね。

どうなって、どうやってそうなったのかっつプロセスが描かれていない。ナチュラルボーン天才なのね。

“天才” ってそんなもんじゃんって言ってしまえば、そうなんだろうけども、なんどかちょっとね「でも、そうじゃないよね……」って思いを僕は抱いてずっと来ちゃったのよね。思春期の頃くらいからずっと。んで、拗らしちゃった感じで。

だから自分的にしっくり来るのは同じマンガである「BLUE GIANT」の方でね。「BLUE GIANT」では主人公は光るものを持っている。でも、それは先天的なものではなく、主人公自身が培って来たもので、放っておいたらすぐになくなるような儚いもので、だから、主人公はそれを輝かせるために、気が遠くなるような反復練習をする。(テナーサックスね)で、それが無意識下で繋がる瞬間を作れるようになっていく……

なんて書いてて、僕自身、意味がわからなくなって来ちゃったけども、まぁつまりそういうことなのだ。

僕の中では初めから“天才” って物語の展開がスッと入っていかないのだ。

きっと“天才”ってものの考え方が違うんだろう。

だからといって、つまらないマンガではなく充分面白い。でも僕は好きじゃないな〜って、そういうこと。

三月になって、鈴木英人さんのカレンダーが二枚目になった。一枚目を捨てるのも忍びないので、キレイに切り取って保管しておこうと思う。

こういう気持ちを大切にしなくちゃなと思う。

さてと。仕事すんべ。

DOODLIN’ はある朝突然に

今朝、店内の壁に飾っていたレコード九枚を全取っ替えいたしました。

先日、テレビを眺めてたら、とあるレコードギャラリーが紹介されてましてね。

そこにディスプレイされているのは、コレクターの方のもので、二ヶ月に一度テーマに沿って膨大なコレクションの中から、その方が選んでいる……なんつーのを観てたらビンビン刺激受けちゃって、「そうだ!オレも替えちゃおう!」となったわけです。
単純なもんで。

五年九ヶ月前、現店舗の開店準備中、僕はウンウン唸り悩んでいたわけです。

どのレコードを壁に飾るか……

僕にとって、僕の店にとっては、とてつもなく重要なことですからね。
ノリや勢いでは決められないですよ。

で、僕は飾るなら中身もちゃんと入れたいわけです。正直、カラーコピーでチャラりんと済ましてもイイわけです。
でも、僕はそれだけはしたくなかったんですね。

表面だけ取り繕って中身がない……それってまさにオレじゃん!

となりたくなかったんです。
ほら、巨匠 小津安二郎監督も、画面に映らない引き出しの中でさえも、ちゃんと本物を揃えさせたって言うじゃないですか。

結局、ニセモノはバレちゃうってことなんですよ。
僕はバレたくないから、ちゃんとレコードを入れたかったのです。

そうなると、そのレコードはもう聴けない。
でも、自分の店の方向性を示すものだから、適当なものは絶対選べないし、映えるジャケットでないとダメだし、バランスもあるし、その上、当たり前ですが自分が大好きなアルバムでなくてはならないし、そのアルバムについて三十分は語れなくてはならないのです。

そんな意思と決意の元に選んだ九枚だったのです。
それを交換する日が来るなんて微塵も考えてませんでした。

でもね。
そんな日が来ましたね、突然。
あの日の決意なんてプイッと吹き飛んだかのようにササっとレコード選びましたよ。
そして三十分ほどで交換完了いたしました。

店の眺めが変わりましたね。
正直違和感ありまくりです。
店の主張も変わりましたよ。

でも、これでイイんです。これがイイんです。
前のラインナップは完璧でした。
その思いは変わらないです。

で、今回選んだ九枚。
これは二ヶ月毎にってわけにはいかないけど、半年にいっぺんくらいは替えて行こうかと考えてます。
テーマがあるときもあるかもだし、ただの気分で選ぶこともあるでしょう。

店にとって、僕にとって大切なことで重要なことであるからこそ、イージーに行くことにしました。
なんかイイ気分です。
一皮剥けた、殻を突き抜けたような気分です。

もしかしたら、お客さんのほとんどの方にとっては些細なことで、気にも止められないことだろうけども、だからこそ、それがイイ。

こういう自己満足が世界に溢れたら、きっとステキな世の中になりますよ。
多分きっと。

どんなレコードに替わったかは御来店時に!

それでは股旅をする。

もしかしたら、そこにもいるのかも

息子と一緒に読んだ星新一の短編が面白かった。

とある古い建物、そこには幽霊たちが住んでいて、訪れる人々を驚かし遠ざけることでその建物を維持していた。
しかし、いよいよ取り壊しとなることが決まり、作業員たちが重機とともにやって来る。

幽霊たちはポルターガイストを起こしたり、あの手この手で妨害しようとするが、作業員たちは全く怖がらず、バッシバシ建物を壊し始めるのだ。

自分たちの無力さと時代の変化を痛感した悪霊たちは、とぼとぼと引越しすることになったんだったんだったん。

ってこんな話なんだが、こんなことが彼方此方で起きているんだろうな〜きっと、なんて想像すると世の中が面白く見えてくる。

三年後に閉店が決まった新所沢PARCOにも、きっとたくさんの霊たちが、その情報を聞きつけて慌てふためいていることだろう。

私が小学六年のときに新所沢PARCOは出来た。
それまで都心まで行かないと買えなかった輸入物のプラモデルが歩いて買いに行ける。

あのときの喜びも、嘘ついて早退して映画『フットルース』を観に行ったのも、中学の開校記念日に『ロッキー4』をみんなで観に行ったのも、ナムコランドでゼビウスにハマったことも、遠い日の花火のようになるのだろうな。

これも時代の流れか。
自分も六年前に新所沢を離れた身。
嘆く資格はありゃしないか。

跡地はどうなるのかな。
面白い展開になるとイイな。

何をどうカッコイイと思うか

「何これ、カッケーな!」

THE STONE ROSES の “THE REMIXES” のジャケットを見て、息子が放った一言に着実に彼の中で彼独自の感性が育っていると感じた。

これを見て何も感じない人もいる。
それが悪いわけじゃないし、感じたら上だとか、そういうことではない。

息子がこれをカッコイイと思ったってことが、自分の中の “カッコイイ” が生まれたことが父さんは嬉しい。
なぜなら父さんも、このジャケットを超カッケー!と思っているからだ。
このアルバムがリリースされた2000年からずっと。

ペナルティのワッキーがガン闘病後、相方ヒデと10カ月ぶりにサプライズ対面をした動画を見た。
なんだか泣けた。

二人はサッカーの超名門である市立船橋のサッカー部の先輩後輩コンビ。
きっとずっと仲が良いんだなーと思った。

お笑い芸人って相方と仲が悪いってのが結構ある印象で、連絡先知らないとか楽屋も別で必要なこと以外しゃべらないとかテレビで言っているのをよく聞く。

多分きっとその方がいろいろとうまく行くんだろうけども、なんだかそういう話を聞くと寂しくなる。

甘いって言われるだろうけど、僕は仲が良いって方が嬉しい派だ。
これがバンドだと別に仲が悪いって聞いても全然オッケーなのが不思議だ。
むしろハクがつくぐらいだもんな。
変なの。

『音楽と酒』をテーマに選曲したMIX CD が作った分全て旅立った。
せっせと増産しようと思っていたのだが、お客さんに「新しいの作ればいいんじゃないですか」と言われ、うむそれもそうだな……と妙に納得したので、新しいのを作ることにした。

僕は人並み外れた音楽好きで、音楽の力を心底信じているイカレ床屋なので、もっともっと同じような思いを多くの人に抱いて欲しいっつー野望がある。

店で音楽を流しているのも一つの啓蒙の手段なのだ。
多分きっと。
そんなわけで、出来たらもらってください。
今回のテーマは「春に」です。