サウイウミセニ ワタシハシタイ  サウイウモノ二 ワタシハナリタイ

IMG_1362
どうもこんばんは。
床屋のおやじさんです。
 
先日、還暦過ぎの銀渋なお客さんがいらしたとき。
『Ella and Louis』という、とっても素敵なレコードを流していたのです。
そしたら、そのお客さんがですね。
 
「学生時代、行きつけの中古レコード屋のおやじさんに、このアルバムを薦められてね。
それで聴いたんだけど『A Foggy Day』(←アルバム収録曲の曲名)にヤラレてさ。
音楽の聴き方が変わったんだよね……」
 
と仰いまして。
僕は「やっぱり人生においてそういうオッサンって必要ですよね〜!」と膝を叩きまくったのでした。
 
僕もね。
そういうオッサンにならなきゃいかんなとあらためて感じ入った次第です。
正直、ちょっとだけ、あくまでほんのちょっとだけ遠慮してました。
かといって、空気も読まずガッシガシ行く気はさらさらないですが、ちょっとだけ、あくまでほんのちょっとだけ図々しくなろうかと。
 
そのお客さんにとって、きっとステキな影響を与えてくれるであろう音楽、映画、本、ドラマ、舞台、人間……エトセトラ。
そんなもんをドシドシ薦められる床屋のおやじさんになりたいと思います。
多少ウザくてもご勘弁。
これじゃないって思われてもご愛嬌。
 
そういえば、変な床屋のオッサンがいたよな〜
 
元気かなぁ
いや、さすがに死んだだろ
案外しぶとくまだ仕事してたりして……
 
まだ、あの店の外壁はブルーグレーなのかな
十年ごとに塗り替えるって言ってたけど、今どんな色になってるんかな……
 
いつも、店の中をうろちょろしてたあの子
あの息子さんは、どんな風に成長したんかな
あんな環境で、どんな人間になっていったんだろうな……
 
いろんな音楽教えてくれたな
いろんな映画薦めてくれたな
店の中には、面白そうな本がいっぱいあったな
あのオッサン、ある意味変態だったよな……
 
そういえば、オレの大好きなあのレコード
あれも、オッサンに薦められて聴いたんだっけか……
 
正直、鬱陶しいときもあったけど
正直、これじゃないんだよな〜って髪にされたこともあったけど……笑
 
でもまぁ、あの店があって良かったな
でもまぁ、あのオッサンと出逢えて良かったな
 
名前忘れたけど……笑
 
サウイウミセニ ワタシハシタイ
サウイウモノ二 ワタシハナリタイ

そして、また流れ始めた。

IMG_1318
どうもこんにちは。
 
 
つい先ほど、我が家の愛車を車検に出して、代車で戻ってきました。
それはもうやはりポンコツで、車内のあちこちに「禁煙」のシールが貼られているのですが、なんだか独特な甘い匂いが漂っていてテンションがダダ下がらざるを得ないわけです。
 
 
だけどもだけど、こんなときはこれだねと竹原ピストルさんのCDをぶち込んだら、その代車のポンコツ具合と自分のテンションダダ下がり具合と車内の異臭と妙にマッチして、なんだかちょっと、あくまでもほんのちょっとだけ、これイイかも!と思ってしまったのでした。
 
 
昨日、我が家の四歳児が店前のフェンスに掲げてあるプライス表を悪戯し、文字をいくつか剥がしてしまったのですが、そのときも苦笑いと共に脳内で竹原ピストルが流れ始めたのでした。
 
 
コンビニに行って、妻と僕の分ってことでスイーツを二つ購入するも、なぜかスプーンが一つ、店員さん俺が二つ共食べるとでも?と喉元まで出かかってグッと堪えたときも、どう見ても小さめのスプーンが適当なのに、巨大なパスタ用のフォークを入れられ、店員さんそれはないだろうと苦笑いで指摘したら、ほんのちょっとふてくされられたときも、竹原ピストルが流れ出す。
 
 
二十数年ぶりに映画『逃亡者』を観て、観てる最中は「やっぱおもしれ〜!」と興奮してるのだが、観終わった後、ほんの少しも何にも残っていないことに気づいて、いやむしろちょっと清々しいぞこれ!と苦笑いしたときも、竹原ピストルが流れ始めた。
 
 
GWに入籍するのですとお客さんが婚約者さんを連れてきてくれたときも、また別のお客さんが「今臨月なんで一人にしておけなくて……」と奥様を連れてきてくれたときも、またまた別のお客さんが「明日、後輩の店のレセプションなんでビシッと切ってください」と言われたときも、妻が作ってくれた息子と同じ甘口のカレーを食べているときも、毎年恒例になっている友人の命日に幼馴染みたちとの酒宴で友人の一人が今年成人する息子を連れてきてくれたときも、竹原ピストルが流れていたのでした。
 
 
中学高校時代に THE BLUE HEARTS に感化され、振り返り懐かしむことなく突っ走ってきたら、いつの間にかいいおっさんになっちゃって、果たしてこれからどうしようか……困ったな……なんつって寝言言っているような人間の気持ちを竹原ピストルは歌ってくれる。
そんな気持ちを歌にしてくれる人はいなかった。
まさか、この年齢で、まさか己の年代の代弁者的歌唄いが現れるとは思わなかった。
 
 
ありがたい。
 
 
BGMは「俺たちはまた旅に出た」(by 竹原ピストル)でお願いします。
 
 
有吉弘行が「売れるってことはね、バカに見つかるってことなんだよ……」って言ってました。
 
 
竹原ピストルさん、僕に見つかってしまいましたね。

年相応とは……

IMG_0424
このまま順調に行けば来月上旬に四十六歳になる床屋のおやじさんは思うのである。
 
私にとっての年相応とはどんなもんなのだ……と。
 
これまたおやじ臭くなったもんだね〜
と後ろ指さされるのもイヤだ。
 
いやはや若作り痛々しい限りです!
と陰口叩かれるのもごめんこうむりたい。
 
音楽映画書籍の類いのものに関しては、そんなに心配していない。
背伸びすることもなく、若干幼稚なものに手を出すこともなく、四十路半ばに相応わしいであろうものをナイスチョイス出来ている気が一応してはいる……つもりだ。
 
心配なのはファッション全般だ。
自分が欲しいもの。
自分が身につけたいもの。
そろそろ、もう一歩踏み出すべきではないかと日々悶々としているのだ。
 
薄ぼんやりと何となくな方向性は見えてきたのだが、そこで私が選ぶ色味っつーのが少々ヤング気味なのは否めない。
かといって、渋々系の色を選ぶってのも地味になり過ぎてしまうのではと不安だ。
 
年を重ねたら、ちょいと派手目をねと考えていたのだが、どうやらそれにはまだまだ早いようだ。
イメージ的には竹中直人先輩のような佇まいを手に入れたいところなのだが、どうやらそれはかなり上級者向けらしい。
田口トモロヲ先輩的雰囲気も狙いたいのだが、あのそこはかとなく漂う知性と狂気がちいとも足りてないのが無念である。
 
自分が似合うと思っているものが本当に似合うものではないという、この痛々しい事実とまずは向き合わなければいかんですね。
 
その道はまだまだ果てしなく長く険しい。
いつの日か銀渋な床屋のおやじさんになれるよう日々精進であります。
人はそうなりたいと願ったとき、すでにその望みを半分は叶えているっつーじゃないですか。
それを信じてワンツーワンツーです。
 
 
そんなわけで、今日はDECHOのバリスタキャップに、中村商店のエプロン、それとVOIRY STORE HERRINGBONE PANTSに、履き込んだネイビーの adidas campus ってな感じの出で立ちであります。
 
BGMは、ラテン・プレイボーイズ。
ただいま読み途中の本は『羆嵐』(吉村昭著)であります。
 
 
まあ、こんな感じで今日も生きてます。
上々であります。
 
 
股旅。

心のノートにメモっておこう

IMG_0371

おはようございます。
週二回は更新するんだぜと息巻いているこの日記ですが、一応常日頃から「これネタになるかも!」なんつって、心のノートにメモしているのです。
夜中に寝床でふと思いついたナイスアイデアでも、それを朝になっても思い出せないようなものなら、それはそんなに良いアイデアではない……なんつーいかにも真理めいた話をする人がいましたが、私的にはそれ間違いと結論されました。
その言葉を信じてメモを取らずにムニャムニャと寝てしまうのですが、朝起きたらほとんど覚えてないですもの。
どんどんバッシバシ忘れちゃいますね。
たまに覚えている場合もありますが、むしろ夜中の自分のテンションの高さが生み出した恥ずかしいことこの上ないものばかりで赤面を禁じえないわけです。
だから、私は極力メモをとるようにしています。
スマートフォンのメモ機能をフル活用して。
そして今朝。
さあ日記でも書くべかなとメモを開いてみ流と、一行目に「オーセンティック」の一言。
はいはいこれはあれだね!
と、私は本棚から『コーヒー&シガレッツ』のDVDを取り出したのです。
この映画の中の “NO PROBLEM”と云うエピソードのBGMがオーセンティックスカ、しかもローランド・アルフォンソの曲を使っているととある方の呟きを拝見し、これはもう “NO PROBLEM” を観ながら日記を書かずにはいられないなと四十五歳の床屋のおやじさんは思ったわけです。
PCの画面の片側では “NO PROBLEM” 。
もう片側では、この日記。
粋ですね。
テクノロジー万歳なわけです。
そして、メモの二行目には『キセル』とありました。
これはあれです。
バンドの方です。
最近、お客さんがいらっしゃらない時にこっそりと聴いているのですよ。
今のこの春の陽気にドンピシャリな世界観だなと。
正直、あまりこの方々の知識はないのですが、むしろそれは意図的でして、どうやら京都出身の兄弟デュオらしいのですが、そのルックス佇まいを見たことはありません。
知らなくていいかなと。
知らない方がいいかなと。
そんな風に思うからです。
この方々の紡ぎだす音世界には、色と肌触りがあって、それがとても心地よく、乾いた砂にじんわりと染み込んでいくような、そんな感慨を思い起こさせるもので、私は暇を見つけて、この音世界にどっぷりはまり込むのが好きなのです。
そんな時、余計な知識、情報はかえって邪魔なわけです。
こんな気持ちわかるでしょう?

そして三行目には『ルミニアーズ』とあった。
これもあれです。
バンドです。
『キセル』とは逆に、『ルミニアーズ』はお客さんがいらっしゃるときによく流してます。
ここ最近、再びヘビーローテションとなったのは、とあるお客さんに「近頃ライブ行ってます?」と訊かれたのが切っ掛けでありまして。
ちょうどこの四月に来日公演があって、それはちょっと観てみたかったんです。
きっと多分最高だったんじゃないかと。
そんな妄想するのも楽しいものです。
次回の来日公演のときは、早めに情報キャッチしないとですね。

そして、メモに残されていたのはあと二つ。
『常識を疑うこと』と『所得税の六割』でした。
これはあれですね。
今途中まで観た『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』の影響ですね。
マイケル・ムーア自らが世界各国を巡り、各国の各国の知られざる素晴らしいことを持ち帰り、アメリカをもっといい国にしようぜってな趣旨のドキュメントでこれがとても面白い。
税金が高い欧州だが、その税金がどう何にどう使われているか給料明細にきちんと明記されているそうで、所得税の六割が軍事費に使われているアメリカがそれを給料明細に載せたら皆どう思うだろうか?
なんてことを言ってて、単純単細胞な私はすぐに驚愕するわけです。
この映画を観てて、あらためて感じ入ったのは、やはり日本はアメリカの影響を多大に受けてますね……ま、これ以上は書くのをやめます。
んじゃまあ、そろそろ庭仕事に取り掛かります。
積極的に攻めの姿勢で今日の休みを満喫しようと思います。
それでは股旅。

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=IHoCh-pjnuQ

そのバランス感覚、拝借したい。

IMG_0307

どうもこんばんは。
ココに来て再び読書欲がうなぎのぼりなのである。
数年前に敬愛する某漫画家が『羆嵐』(吉村昭著)という小説、これが実際にあったヒグマが人を襲った事件を元にした物語で、その語り口、臨場感溢れる描写を絶賛してて、こりゃ読まなきゃ!とそっと某通販サイトのカートに入れておいたのだが、結局読まずじまい。
そのまま忘却の遥か彼方って状態だったのだが、つい先日某魂の叫び系音楽家がまた『羆嵐』を絶賛しているのを目にし、これはもう読まずにいられないと鼻息荒くなっているのだが、何しろ読みかけ、もしくは読まずにホコリをかぶったままの本がいくつもあって、これでいいのか?いいんです!
とは、なかなかなれない雰囲気なのである。
本と云えば、先日たまたま寄った某書店で『一行文庫』って企画をやっていて、これが「作者もタイトルもわからずに本を選ぶ。手がかりは本文から抜き出した一行だけ」っつーもので、俄然盛り上がったのは言うまでもないわけである。

幾つかの候補の中で私が選んだ一行は「私は遠くから来たのです。とてつもなく遠くから。」で、手前勝手にマーク・トウェイン的な感じじゃないの?
と期待していたのだが、開いてみたらそれは星新一さんの『地球から来た男』でこれはもう嬉しい誤算だった。
今、自分が敢えて星新一作品を手に取るとは考え難く、でも全然嫌いじゃないし、いざこう云うチャンスを戴くと俄然読みたくなるから人間なんてラララである。
もとい、床屋のおやじさんなんてラララなのである。
まぁ、これは『アタリ』だったかな。
また、機会があったら、この企画には華麗にライドオンしたいものだ。

その本屋帰りの道すがら、私はちょちょいとFUSSA GENERAL STORE に立ち寄り、取り置きをお願いしていた TACOMAFUJI RECORDS のティーシャーツをゲットしたんだった。

これが、胸元に「GOOD BEER DRINKING TEAM」とナイス過ぎるメッセージがプリントされたナイスな逸品で、着てて誇らしい気分になるから不思議だ。
四十路半ばも過ぎた今、着たいと思えるティーシャーツがある幸福。
そして、それが決して若作り的痛々しさを伴わず、しかもさらりとユーモアがあるなんつー無敵感。
ありがたい。
こう云うのを作れる抜群のバランス感覚。
是非とも見習って、我が店にも我が人生にも取り入れていきたいものである。

さてと。
そろそろ眠ります。
おやすみなさい。